高校生のニキビの種類

成長期はホルモンのバランスが不安定になるため、皮脂が過剰に分泌されやすくなりますが、早い段階でニキビを改善できない場合、炎症を起こすなどして、ニキビが悪化してしまう場合があります。ニキビには、どのような種類があるのでしょうか。

白ニキビ

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まることで出来るものです。特に、思春期は成長期でもあるため、毛穴の状態が未発達である上に、皮脂の分泌が活発であることから、毛穴が詰まりやすくなります。始めの段階では、毛穴に皮脂が詰まった状態となり、白ニキビができます。この段階では、炎症などを起こしていないため、丁寧な洗顔を始めとする、適切なケアをすることによってニキビが改善されやすい状態です。

黒ニキビ

白ニキビができた状態は、皮脂が毛穴に詰まっているため、皮膚の内側から皮脂が分泌され続けると、毛穴にどんどん皮脂が溜まっていくようになります。さらに、毛穴に詰まったままの皮脂が、時間の経過と共に酸化すると、その部分が黒っぽくなります。これを黒ニキビと言います。黒ニキビは、毛穴が詰まったままの状態で時間が経過しているため、少しでも早く毛穴に詰まった皮脂を取り除く必要があります。まずは、毛穴に詰まった汚れをしっかりと取り除くためのケアをする必要がありますが、詰まっている皮脂を取り除いた後、毛穴が開いている状態となってしまうため、毛穴を引き締めるケアが必要となるでしょう

赤ニキビ

皮脂が詰まっている箇所は、アクネ菌が繁殖しやすいため注意が必要です。毛穴に詰まった皮脂が原因となってアクネ菌が繁殖すると、毛穴が赤く炎症を起こしたようになり、赤ニキビができるようになります。炎症を起こしているニキビは、ニキビ跡が残りやすくなるという特徴があるため、ニキビを潰すようなことは避けた方が良いでしょう。スキンケアをする時にも、ニキビに刺激を与えないようにして、優しく丁寧な洗顔を心掛けるようにしましょう。

黄色ニキビ

赤ニキビがさらに悪化すると、ニキビが膿んだ状態となり、黄色ニキビになる場合があります。この状態のニキビを指などで触れるとばい菌などがついて、ニキビをさらに悪化させることもあるので、できるだけ触れないようにしましょう。この状態は、ニキビに痛みが伴うこともあるため、すみやかに皮膚科などで診察してもらうようにして、できるだけ悪化を防ぐようにしましょう。

ページトップへ