高校生のニキビを改善する食品

高校生がニキビが出来やすいのは、体内のホルモンの働きが活発になり、皮膚が過剰に皮脂を分泌することも原因のひとつですが、成長期は、油っぽい食事を好む傾向があるため、さらに皮脂の分泌が促されてしまうのです。この時期のニキビを改善するために良い食品には、どのようなものがあるのでしょうか。

皮脂の分泌を抑える食品

成長期は、体内のホルモンが活発化することによって、皮脂を過剰に分泌するようになる時期です。皮脂の分泌を抑える働きのある食品を取ることで、過剰な皮脂の分泌をある程度改善することができるかもしれません。皮脂の分泌を抑える食品には、うなぎ・卵・海藻類・乳製品などがあります。この中には、毎日の中に取り入れやすい食品もあるため、無理なく食事に取れいれることができます。

脂質の代謝を促す食品

体内の脂質の代謝が滞ると、身体にとって、様々なトラブルの原因となってしまいます。皮膚から分泌される皮脂は、体内に滞っている脂質とも繋がりがあるため、身体の内側から余分な脂質の代謝を促すようにすると良いでしょう。脂質の代謝を促す食品には、豆類・きのこ類・ごぼう・さつまいも・海藻類などがあります。これらの食材は、和食などによく使用されているものが多いようです。ニキビが気になっている場合には、油っぽい食事はなるべく控えて、毎日の中に、栄養のバランスの良い和食などを多く取り入れると良いでしょう。

お肌のターンオーバーを促す食品

ニキビができやすくなっているお肌は、毛穴が詰まりやすくなっている状態です。毛穴の状態を改善するには、お肌の新陳代謝を促すことが大切です。お肌の新陳代謝が促されることで、お肌のターンオーバーが活発になり、毛穴が詰まりにくくなります。お肌のターンオーバーを促す食品には、かつお・鶏ササミ・マグロ・にくにくなどがあります。毎日の中で、積極的にこういった食品を取ることで、お肌が本来持っている、代謝機能をサポートをすることができます。

ページトップへ