高校生のニキビには保湿が重要

高校生のニキビは、過剰な皮脂の分泌が原因となっていますが、ニキビのお手入れには、保湿が大切だということをご存知ですか。保湿をすると顔がベタつくため、ますますニキビができやすくなるのではないかと思っている方も多いようですが、ニキビケアは、保湿が最も重要なのです。

お肌が乾燥すると皮脂が多く分泌されるようになる

ニキビのケアを続けている方の中には、洗浄力の強い洗顔料で、しっかりと皮脂を落としているはずなのに、ますますお肌がベタつくようになってしまう方が多くいらっしゃいます。洗浄力の強い洗顔料は、皮脂をしっかりと落とす働きがありますが、皮脂を取り過ぎることによって、皮膚が乾燥しやすくなる場合があります。実は、お肌が乾燥すると、ますます皮脂が分泌されてしまうことがあります。これは、お肌が乾燥すると、皮膚に備わっている防衛機能の働きによって、お肌を乾燥から防ぐために、皮脂が多く分泌されるようになるためです。この働きによって、皮脂の分泌が促されて、余分な皮脂がますます毛穴に詰まりやすくなってしまい、ニキビができやすくなります。

お肌の水分と油分のバランスがお肌のコンデションを決める

お肌の水分と油分のバランスが取れている時には、お肌のコンデションが整うため、ニキビ予防をすることができます。お肌が過剰な皮脂を分泌しないようにするためにも、洗顔やスキンケアの際には、お肌を十分に保湿するように心掛けると良いでしょう。洗顔料の中には、保湿効果の高い成分が配合されているものがあります。どのようなお肌の状態であったとしても、多くの方は洗顔後、お肌が乾燥してしまいがちになります。保湿効果の高い洗顔料を使用することで、洗顔後のお肌の乾燥を防ぐことができます。さらに、洗顔後、十分な保湿をすることで、お肌に必要な潤いを与えて、お肌の状態を整えることができます。お肌の水分と油分のバランスが整った状態であれば、お肌のターンオーバーも正常に行われるため、ニキビが改善されやすくなります。

ページトップへ