高校生のニキビの原因とは?

高校生の時期は、男女問わずニキビができやすい時期でもあります。誰にでもできるものだからといって、放っておくと、ニキビが炎症を起こしてしまう場合があるので注意が必要です。高校生のニキビの原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

成長ホルモンの作用により皮脂の分泌が活発になる

高校生の時期は、成長ホルモンの作用により、急激に身体が成長するため、体内のホルモンのバランスが不安定な状態となります。成長ホルモンの活発な分泌に伴い、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌も活発化します。男性ホルモンは、皮脂の分泌を活発にする働きを持っているため、思春期の男性は皮脂の分泌が活発になります。そして、女性ホルモンの中には男性ホルモンに似た働きをする、プロゲステロンというホルモンがありますが、このホルモンの分泌が活発になると、女性でも皮脂の分泌が活発になってくるのです。適度な皮脂の分泌は、お肌に必要なことですが、過剰な皮脂の分泌は、ニキビの原因となってしまいます。

過剰な皮脂の分泌が毛穴に詰まる

成長ホルモンの分泌に伴い、男性ホルモンや女性ホルモンの作用によって過剰な皮脂が分泌されるようになると、皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができやすくなります。高校生の時期は皮膚の組織の成長も活発であるものの、毛穴が未発達な状態であるため、余計に毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。さらに、皮膚の表面には、アクネ菌が通常の状態でも多く存在していますが、アクネ菌は、皮脂を好むという特徴を持っているため、皮脂が詰まった部分で多く繁殖します。その結果、アクネ菌の増殖によりニキビが炎症を起こしてしまうのです。

皮脂の分泌を促してしまう食品を好む傾向がある

高校生の時期は、身体が最も成長する大切な時期であるため、通常よりも食事の量が増える時期でもあります。さらに、この時期は、油っぽい食事を好む傾向が強くなるため、必然的に皮脂の分泌量が増えてしまうようです。成長ホルモンが原因となっている皮脂の分泌と、食事が原因となっている皮脂の分泌で、ますます余分な皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。

ページトップへ